RSS Feed

冠婚葬祭費用を軽減する制度

冠婚葬祭は、それぞれ冠は成人式、婚は結婚式、葬はお葬式、祭はお盆や彼岸などの先祖をまつる行事全般を指しています。
家族や親族、親しい人と人生の節目の時をお祝いしたり、悲しみの気持ちでお別れしたり、先祖の供養をしたりする儀式を指します。

冠婚葬祭の儀式を行う場合、一度に大変な額の出費を要することがあります。
冠婚葬祭を扱う企業の中では、多額になりがちな出費をなるべく分散させるために、互助会制度を設けています。
互助会制度とは、加入者が月々決まった額を企業に支払って積立をし、冠婚葬祭の儀式がある場合に積立金の中から費用を出す制度です。
中には決められた額を積み立てると一旦加入者に全額返金し、もう一度支払金額を設定させて積立を始めさせる互助会もあります。
お葬式などは突然のことなので、互助会制度があると大変便利です。

互助会で満額を積み立てなくても、加入者は割安な額でサービス利用可能な場合もあります。
お葬式だけでなく、結婚式や成人式ではドレスや打ち掛け、振袖などの貸衣装が割安になることもあるようです。
ブライダルサロンがあれば、結婚式にかかる一連のサービスが割引されます。

このように、互助会に加入すると冠婚葬祭にかかる費用が軽減できるためおすすめです。